現状回帰工事で傷んだ箇所などを修繕します~生まれ変わる物件~

サラリーマン/リーマン

定期的に確認する

中を解体して分かる劣化具合

コンセントを長年使い続けるには注意が必要です。古いコンセントの差し込み口はかなりダメージを蓄積しており、長年による劣化を受けています。これは素人がパッと見ただけで分かるものではありませんので、ちょっと古くて不安があると言う場合にはすぐに頼んでみましょう。プロの目線でまずは、解体をして中の劣化具合を確認します。すると、白い周りのカバーを外しただけですぐに分かるようなダメージが目視出来ます。鉄部分がサビついてしまっており、見るからに使い古した雰囲気を感じ取れます。こうした部品は早急に交換する事になります。交換しなければ、中の電気を繋ぐ絶縁体部分が不良を起こしている可能性があるのです。まずは解体して、中身を一緒に見てみましょう。

寒い地域や冬場のコンセント

北海道や東北などの寒冷地に住んでいる方や、一般の地域でも冬場にはコンセントの劣化に注意して下さい。何故なら、この低い気温や結露の影響を受けて大幅に劣化してしまう恐れがあるからです。フタを開けてみると、中には結露によってサビが発生している様子が伺えたりします。こうした部分は技術者が工事を行わなければ判明しにくいので、定期的なメンテナンスをお願いする事が大切です。場合によっては配電効率を悪くしてしまったりして、経済面に影響を及ぼしているかもしれません。交換をする事でコストパフォーマンスの向上を目指し、家計に優しい家造りを行っていきましょう。コンセントの交換は気軽に専門業者へ連絡をすればすぐに対応してくれます。